空飛ぶ餃子

Aro/Aceのオタクです。映画、漫画の感想・考察(ネタバレ全開)

(ネタバレだらけ)ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー

長ーい葬儀

ティ・チャラの死と葬儀の場面から始まる本作。

葬儀の華やかな踊りや人々の笑顔、美しい白色の喪服が、どこか浮いているような感じがする。

その後も、ワカンダの人たちは何となく落ち着いておらず、シュリも女王もオコエ隊長も、みんな何か浮いている。

船や飛行機に乗っている場面が多く、棺も埋めたり燃やしたりするのではなく天に昇る。やはり何か浮いている。

みんなが王様の死に動揺していて、もはや映画自体が葬儀という感じだった。

 

背中を見失うと心細い子供

子供の頃、私はどこへ行っても年の離れた兄と姉を追いかけていて、くっついていないと気が済まず、置いていかれると二人が戻ってくれるまで泣きわめいた。

祖父母によくそのことをからかわれていたが、私は兄と姉を見失うことが本気で怖かった。大人になった今も、私は二人の後ろにいるという感覚が消えない。

シュリはお兄さんが前にいないことが心細くて仕方ないに違いない、と思って胸がギュッとなった。

シュリの取り乱しや戸惑い、怒りや孤独感はどうしても他人事と思えなかった。

エムバクに女王は戦争を望んでいないと言われ、みんな生きてるみたいに言うけど、あの人はいない、あの人の望みも存在しない、あるのは私の望みだと怒るのは子供っぽいと言えばそれまでだけど、正しい悼み方などなくて、人は頼りにしていた人が死んだらふつうに取り乱すよな、と当たり前のことを考えた。

ふつうのお話だと、兄が死んでも妹はさめざめと悲しむ程度だったり、他に庇護する者が現れたり、そもそも兄は妹を残して死なないし、妹視点になることはあんまりない気がする。バイオハザード2のクレアのように兄を探しに行く妹もあまりいない。鬼滅の刃も妹を守る兄の話だった。あの妹も兄を守るが、あくまでも兄に対する献身にすぎない。

この映画の好きなところは、シュリが兄の死にちゃんとめちゃくちゃ動揺するし、誰かが守ってくれることで解決したりしないところだ。

 

黒人女性が主役の映画

実は黒人女性が主人公の映画を初めて見たかもしれない。

主演だけでなく、黒人の女の人がメインの映画という意味で。

新キャラも黒人の女性。リリの「若くて才能ある黒人だからさ、ワカンダじゃ言わないか」という皮肉や、「悪役が女の衣装を変えさせるときは気を付けろ」と言ってレイア姫を引き合いに出したのが印象的だった。オコエのようなつよつよ戦士ではなく技術系なのに、けっこう戦うのが何かスターウォーズみたいだ。

リリ好きだな、同じスターウォーズファン(多分)として、次回作でのさらなる活躍に期待したい。

 

さっぱり系ヴィラン

前作もそうだったけど、ヴィランがネチネチ気持ち悪いタイプではないので見やすい。

妙に潔いし、平気で人を殺す割には瞳が澄んでいて格好いいので、あんたほんとに人殺したの?となってしまう。

いやそういう人だから殺せるという話だ、ということは分かるけれども。

 

シュリに感情移入しすぎている末っ子としては…

ラストに甥っ子が登場するわけだが、これはシュリにだけ知らされていなかったということですよね。

ちょっとそれ寂しくないか、はよ言わんかい!となってしまい、どういう気持ちで見ていいのか分からなくなった。

シュリ頑張ってほしいまじで。

 

 

 

恋愛したことないし今後もしないけど、そこそこ楽しく生きている

ということを誰かに伝えたくて、この度ブログを始めることにした。

ここでは自己紹介をする。有益なことは何も書いていないので誰も読まないかもしれないが、読んでくれたら嬉しい。私にとっては有益なのですべて良しなのである。

 

今のところ、私は自らのセクシャリティアロマンティック・アセクシャルスペクトラムに該当する、と認識している。

 

いつかその認識は変わるかもしれない。しかし、今、これまでの人生を振り返ると、そうだとしか言えない、そういう経験をしてきたという事実がある。

 

他者との関係性に関する欲求がなんか薄い

私はこれまで、他者に継続してロマンティックな感情を持ったことがない。

美しいな、とか優しい人だな、と思うことはあるし、他人と親しくなることはあるが、その親しい人と恋愛的な関係になりたいとか、占有したいという感覚が根本的に「ない」のである。

また、他者に対して継続して性的な魅力を感じたり、性的な関係になりたいと思ったことや、相手を占有したいという欲求がない。やはり根本的にそういった感覚が「ない」。

今まで出会った「好きな人」はたくさんいるのだが、私にとってその人たちはもうすでに特別な存在なので、わざわざ恋愛とか性愛に持ち込まなくても良かろう、という感覚である。分かるだろうか。分からなくても良いがここは大切なので何とか分かってほしいところだ。

友達が他の人と仲良くしていても気にならない人は多いのではないだろうか。そういう感じである。ただし、友情と恋愛・性愛の区別がないわけではなく、わりと明確に区別しており、その上で、恋愛・性愛は「ない」という認識がある。

 

ちなみに他人の恋愛や性愛については、どうでもよかったり、喜ばしく思ったり、滑稽に思ったりする。これはアロマンティック・アセクシャルでない人たちとさほど変わりないのではないだろうか。

ただ、「私もこんな素敵な恋愛をしたいな」というような憧れは毛ほどもないし、「結局恋愛してハッピーエンドかよ」などと感じたりすることはあり、その辺の差はあるかもしれない。

とはいえ、アロマンティック・アセクシャルであっても恋愛に憧れる人や、恋愛の物語を自分事のように楽しむ人もいるので、あくまでも私がこう思うことと私のセクシャリティは密接に関わっていると感じるという話であって、一般論ではない。

 

恋愛とか性愛、ジェンダーアイデンティティとの関わり、めちゃつよ

一般にジェンダーアイデンティティセクシャリティは密接に関わり合うものであると認識しているが、私自身に関する感覚もまたそうである。どうあっても切り離せないのである。

 

私は自分を「男性ではない」と認識している。

男性ではないということは、女性であるということを意味しない。

人間の性別は男女のみであると考えている人が多数なので、そういう世界では私のような人間は認識されにくい。

「女性である」と認識される限り、私の「男性ではない」部分は侵害されないが、私自身が「女性である」と認識していないことは無視され、振り返られることもない。一部、女性であることを平気で引き受けられる場面もあるが、どうしても無理なものがある。

その最たるものが「彼女」「妻」「母」と呼ばれることである。幸運にも、今までそう呼ばれたことはない。誰かの彼女や妻や母であったことはないし、これから先も絶対にないという強い思いがある。これだけはどうしても無理なのである。うまく説明できないが、そうなってしまったら「終わり」なので、そうなる可能性は徹底的に排除しなければならないと思っている。本気で命の危機を感じるのである。

「彼女」「妻」になることを何としても避けたいことと、パートナー願望が根本的にないことが繋がっているのは、私が私として生存するための戦略かもしれないと思っている。

 

本気で人を好きになったことがない?

かつて友人に、君は本気で人を好きになれないだろう、一生一人だよ、と言われたことがある。

その時はションボリしたものだが、果たしてその友人の言う通りであった。その友人にとって「本気で人を好きになる」は恋愛的に/性的に好きになることを指していたのだろうし、人というものはパートナーとともに生きるものだという前提があったのだろう。私もそう認識していたからこそ、その言葉に落ち込んだのである。

私は35年の人生の中でたくさんの人と出会っているが、未だにそういった相手に出会っていないし、そもそも出会いたいという欲求が「ない」。

「本気で好きになる」とはどういうことかよく分からないのだが、基本的に人間は好きだ。友人や兄弟と出掛けたり、どうでもいい話をしたりするのが好きだ。人が書いた本や漫画のことをずっと考えていたり、人が作った映画にのめり込んだり、人のあり方に愛おしさを感じたり、憧れたりする。人類みな兄弟だとわりと本気で思っているし、大切な人が不当な扱いを受けていたら怒るし、死んだらつらい。

それは本気で人を好きになることとは違うのかもしれないが、私の好きはそういう好きなので、それはそれでいいのである。私の人生は私のものである。私の身体をどう扱うかも、私のものなのである。

 

いや、人生わりと楽しいんですけど…

今はこのような言葉で自分のことを説明することができるし、インターネット・トロールに理解してもらえなくても何ら問題はないが、身近な人にはやはり理解してもらいたい。

実家に帰省する度、90代の祖母が「おまえのことを好きになる男の人はいないのか」と言って、私が独身であることを嘆きまくるのだが、いくら言っても私がそこそこ楽しく生きていることを理解してもらえない。おそらく祖母は私のことを不幸な孫だと思ったまま死ぬことになるだろう。

 

祖母の認識を変えるには間に合わないかもしれないが、恋愛至上主義をコケにしつつ、ネチネチ、チマチマと活動していく所存である。